アンテナ工事は業者へ依頼

テレビ放送を見るためには、必ず電波を受信するアンテナが必要です。新築戸建ての場合、新築の建設工事にアンテナ工事までは含まれていません。引っ越し後すぐにテレビを見たい場合には、引っ越し前に工事業者に依頼してアンテナ工事を済ませておく必要があります。このアンテナ工事、最近流行りのDIYの流れにのって自分でやろうとする人が多いのですが、正直オススメできません。なぜなら、以下のような理由で、アンテナ工事というのは素人にとってとても難易度が高いものだからです。

アンテナ工事を業者に依頼した方が良い理由として、まずは設置が難しい点です。高所での細かい作業になるため素人では危険であることや電波を受信できる方向にアンテナを向ける必要があることです。そして最大の理由はブースターによる電波強度の調整が必要だからです。アンテナ工事の難しい点は、棚をつくるようなDIYと違い、高所での作業や設置の調整自体に労力がかかる部分です。最近ではアプリなどで電波を受信できる方向が分かるようになりましたが、それでも高所で細かくアンテナの方向を調整する事は困難です。その作業に慣れている業者に任せた方が無難です。さらに、受信できる電波の強度が弱い場合にはブースターによる増幅が必要です。素人がブースターを調整して放送視聴可能なレベルにするのはこれまた困難ですから、業者に任せましょう。

≪PICK UP≫棟梁ドットコム
アンテナ工事を行っている業者です。

以上は、戸建ての場合の話です。これがマンションのアンテナ工事になると、事情が異なってきます。