集合住宅の場合、テレビアンテナの事情は様変わりします。集合住宅で入居者がテレビを視聴できる仕組みには、以下の2タイプがあります。集合住宅がケーブルテレビに加入していることや集合住宅の屋上にアンテナがあり、各部屋にテレビ線が通されていることです。

いずれにしても入居者は、テレビのアンテナ工事を考える必要がありません。入居してテレビがある時点でテレビ放送の大部分が視聴できるのです。もし集合住宅で入居者がアンテナ工事を考えるとしたら、それは「BSなどの放送が視聴できる環境にない集合住宅でそういった放送を視聴したい場合になるかと思います。なんだか説明が長くなりましたが、つまりはそのくらい特殊な状況という事です。

集合住宅で入居者が独自にアンテナを設置する場合、工事業者に工事を依頼する必要はありません。ベランダで求める電波を受信できる状況にあるのなら、自力でアンテナを購入し、ベランダの手すりなどに固定すれば良いだけです。ただし、集合住宅の規定で「外観」が言及されている場合には注意が必要です。他の部屋のベランダを観察してみて、複数の部屋にアンテナが設置されているようなら問題無いと思いますが、どの部屋もアンテナを付けていない場合には管理人さんもしくは管理会社に相談してみましょう。

戸建てでアンテナ工事を業者にお願いする場合、業者が工事で実際に行う作業は前述の通りです。他にアンテナ工事の依頼者が気にするべき事と言えば、アンテナの設置場所になります。昔からよく使われている八木アンテナの場合には軒先や屋根上などの高所にアンテナを設置してもらいます。一方でデザイン性を重視したアンテナの場合、設置場所は八木アンテナと異なる場所になります。八木アンテナとデザインアンテナの、メリットとデメリットを以下にまとめます。

まず、八木アンテナのメリットは、比較的安価であることです。そして、八木アンテナのデメリットは、風雪や台風に弱い点や屋根上に設置する場合が多いことです。また、デザインアンテナのメリットは、外観が良いことや、取り付けやすい点、そしてデザインアンテナのデメリットは、壁面に設置するため、受信電波が弱くなることや壁面に穴を開ける必要がある点やアンテナの価格が高額であることです。

まず八木アンテナのデメリットですが、風雪や台風に弱いです。悪天候のたびに調整が必要になる事もあるため、そのたびに業者に来てもらう必要があります。また、確実に固定する事を考えると屋根上に設置する場合が多く、工事に手間がかかります。また、デザインアンテナのデメリットです。八木アンテナに比べて外見が良く取り付けやすいデザインアンテナですが、八木アンテナ以上に風に弱いため壁面に固定します。そのため受信電波が弱くなり、かつ壁面に穴を開ける工事が必要になります。どちらのアンテナも、素人では取り扱いがなかなか難しいのです。

テレビ放送を見るためには、必ず電波を受信するアンテナが必要です。新築戸建ての場合、新築の建設工事にアンテナ工事までは含まれていません。引っ越し後すぐにテレビを見たい場合には、引っ越し前に工事業者に依頼してアンテナ工事を済ませておく必要があります。このアンテナ工事、最近流行りのDIYの流れにのって自分でやろうとする人が多いのですが、正直オススメできません。なぜなら、以下のような理由で、アンテナ工事というのは素人にとってとても難易度が高いものだからです。

アンテナ工事を業者に依頼した方が良い理由として、まずは設置が難しい点です。高所での細かい作業になるため素人では危険であることや電波を受信できる方向にアンテナを向ける必要があることです。そして最大の理由はブースターによる電波強度の調整が必要だからです。アンテナ工事の難しい点は、棚をつくるようなDIYと違い、高所での作業や設置の調整自体に労力がかかる部分です。最近ではアプリなどで電波を受信できる方向が分かるようになりましたが、それでも高所で細かくアンテナの方向を調整する事は困難です。その作業に慣れている業者に任せた方が無難です。さらに、受信できる電波の強度が弱い場合にはブースターによる増幅が必要です。素人がブースターを調整して放送視聴可能なレベルにするのはこれまた困難ですから、業者に任せましょう。

≪PICK UP≫棟梁ドットコム
アンテナ工事を行っている業者です。

以上は、戸建ての場合の話です。これがマンションのアンテナ工事になると、事情が異なってきます。